田舎は人口減少と高齢化と災害で潰れるので都会に住んだほうがいい

田舎暮らしに、あこがれていて「自然が多く食がおいしい田舎に移住したい」と考える方。

もしくは地方暮らしで「昔から地方の家に住んでて家賃は0円、畑で野菜はとれるし、湧き水も使えて、何かあればご近所さんで助け合い」で現状に満足している方。

に対して、「田舎暮らしってこれからの時代、大変かも」という話をします。

人口減少と高齢化によって田舎(地方)はゆっくり潰れる

2015年の日本の人口は1億2000万人でしたが、50年後の2065年には8000万人になります。

各地方の人口を同時に見ると、

  • 北海道の人口:550万人
  • 東北地方の人口:900万人
  • 北陸地方の人口:550万人
  • 中国地方の人口:750万人
  • 四国地方の人口:400万人
  • 九州地方の人口:1450万人

地方にいる人が全員いなくなるレベルだと分かります。

詳しくは、次の50年で4500万人 減るということを読んでください。

人が足りなくなると、仕事やサービスがまわりません。

もしかしたら技術の進歩で、無人レジや自動運転が当たり前の時代になっているかも。

とも思いましたが、古くなった水道管や道路の補強などインフラ整備は厳しそう。

日本のすべてのエリアで道路や電線などを維持するのって不可能じゃない?

それよりも、田舎からインフラが整備(維持)されている都会に引っ越してもらった方が効率がいい。(というより国でもう面倒が見れない)

集団疎開みたいな感じになりそう。

災害に見舞われると田舎(地方)は一気に潰れる

田舎は災害が直撃したときも、一気に潰れる恐れがあります。

たとえば2019年の9月8~9日に大型台風が千葉県を襲ったとき、多くのエリアで停電・家の倒壊・道路の封鎖の被害をうけました。

そのときにニュースやツイッターで台風被害の情報を追っていたのですが、田舎は災害に弱い。

  • 田舎は復旧するまでに時間がかかる
  • 田舎は支援物質が届くまで時間がかかる

特に都会から離れている地区ほど、すぐに対応できないです。

千葉を襲った台風では、多くのエリアで水・電気が止まりました。

1日2日なら今あるもので何とかしのげそうですが、1週間も水・電気が止まって支援物質も届かない状態だとけっこう厳しいです。

今回の台風で2週間近くたっても停電が復旧しないエリアもありました。

人口が少ない地方に大災害がきたら、人手も物資も足りなくて自力で元通りの生活をするのはムリ!ってなるかもしれません。

都会が災害にあっても、都会と都会を結ぶ道路が整備されているので、優先的に復旧活動が行われるでしょう。

住むなら田舎よりも都会がいい

田舎は人口減少と高齢化と災害で潰れます。

じわじわと人口減少と高齢化がやって、災害も突然やってくる。

住みやすかった田舎がいつの間にか住みづらくなるかもしれません。

若いころなら引っ越しする体力もありますが、10年20年後に住む場所を探すのって大変そう。

何とか引っ越しできたけど、都会に馴染めない…なんてなるのもイヤです。

だったら道路や水道電気などのインフラが整備されており、病院もたくさんある都会(に近い)エリアに住んだほうがいいですよ。

人と車は多すぎることによるデメリットはありますが、生活に困ることは少ないです。

田舎と都会、どちらに住むかで迷っているなら都会を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です