名古屋に暮らして25年!守山区は住みやすい?口コミや災害面から評価

守山区

名古屋市守山区は想像以上に自然豊か。

川に山に公園に…あまりにも自然が多いので名古屋市ではないと錯覚します。

隣の尾張旭市や春日井市に勤務する方には住みやすい街。

守山区の位置を地図で把握する

名古屋市の地図素材 (グレー + 交通網 + 区名)

守山区は名古屋市の北東にあります。

主な移動手段は6つ。

・JR中央線(守山には新守山駅しかない 大曽根・金山・名古屋駅まで行ける)
・名鉄瀬戸線(守山東西を結ぶ電車 大曽根・栄まで行ける)
ゆとりーとライン(大曽根から高蔵寺までを結ぶバス)
市バス
・名古屋第二環状自動車道
・東名高速道路

電車・バスを使う方は大曽根で1度乗り換えてから目的地に行くパターンが多いです。

交通網がたくさんあるとはいえ、車がないと生活は少し不便かもしれません。

なにしろ、守山区は山なので。

住みたいまちランキングに選ばれた守山区の街

LIFFUL HOME’SやSUUMOが行ったアンケート調査をもとに、2014~2018年で選ばれた街を調べました。

残念ながら守山区の街は過去5年間でランキングに選ばれませんでした。

自然災害の観点から守山区を評価

庄内川と矢田川にはさまれた山が守山区です。

ハザードマップや土地条件図をもとに考察しています。

注意
超主観で書いてます。あくまで参考程度にとどめてください。

守山区の自然災害の危険がまれにあるエリア

河川の氾濫による水害

ゆとりーとラインが走っている愛知県道30号から西側は、数年(数十年?)に1度河川の水没のおそれがある地域なので注意してください。

参考文献:洪水・内水ハザードマップ

山が崩れる土砂災害

小幡緑地から東側・名鉄瀬戸線の北側でゴルフ場がある辺りは山です。

そのため大雨や大きな地震が起こると、がけ崩れや土石流・地すべりも合わせて発生する場合もあります。

守山区の自然災害が起こりにくいエリア

名鉄瀬戸線と矢田川に挟まれた地区と下志段味・中志段味・上志段味の地区が比較的安心できる地域です。

地震の揺れや液状化のリスクは低いです。

ただし河川との高さが小さいときは、河川氾濫のときに浸水する場合もあります。

よく言われる守山区の住みやすさのイメージ

守山区に住んでいる方や勤務している方に聞いた印象をざっくりまとめました。

守山区は住みやすい!ここがオススメ!

小幡駅周辺

・生活圏にお店が多い
・のどかな住宅街
・栄まで乗り換えなしで行ける

大森・金城学院前駅周辺

・緑が多い
・高台があって景色がいい
・名古屋の中では空気がいい

新守山駅周辺

・静か
・家賃が安い
・アクセスしやすい
・高速道路が近い

守山区は住みにくい!ここが残念!

小幡駅周辺

・バスの本数が少ない
・踏切がある道は渋滞する
・大きなショッピングセンターが近くにない

大森・金城学院前駅周辺

・瀬戸線の本数が少なく終電も早い
・夜になるとがらが悪くなる
・大きなスーパーがない

新守山駅周辺

・公園が近くにない
・バスの本数が少ない
・道が渋滞しやすい

名古屋に25年住んでいる私が思う守山区のイメージ

「郊外であり山」という印象をもっています。

高校時代の教師が「名古屋のチベット」と言っていた記憶もあります。

名古屋市内の移動に便利な地下鉄が唯一通っていない区が守山区。

どこに住むかで交通手段が全く変わってくるのが特徴です。

守山区に住むなら「新守山」「小幡」

新守山の特徴

守山で車持たずにギリギリ生活できるところが新守山です。

駅前に大きなアピタがあること、大曽根・金山・名古屋に出やすいことがオススメポイント。

職場や学校など目的地が地下鉄沿線場や高蔵寺方面にある方は住みやすいです。

ただし数年に1度のゲリラ豪雨やすごい台風が来たときは、北側の庄内川が氾濫することもあるかもしれません。

また大きな地震が起きたら液状化によって家が傾くかもしれないです。

だから一軒家は建てず、マンションを借りて住みたいですね。

もし災害が起きたら、引越します。

小幡の特徴

守山区の中心地で、ゆとりーとライン・名鉄瀬戸線で移動はしやすい方です。

また地盤が安定しているので地震や豪雨時の浸水の心配は少ないです。

北側は学校が多く、ほどよく住宅地が建っています。

住むなら小幡緑地から名鉄瀬戸線の北側の範囲。

瀬戸線の南側だと矢田川氾濫の恐れがあるので私だったら住みません。

名古屋市守山区の公式HPと新築マンションの記事

名古屋市守山区のリンク

ライオンズ守山マークヒルズは自然災害に強い?防災面を評価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です