東京23区・関東から愛知県へ移住すると最大100万もらえる!観光地は少ないが住みやすい街

名古屋城

しるこちゃん

愛知県または名古屋市に住みたい方に朗報です!

東京23区・一部の東京圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)から愛知県へ移住すると最大100万もらえます。

参考:愛知県移住支援事業について

移住支援金の支給額は1世帯:100万円、単身:1人60万円

東京都から愛知県に移住したときにもらえる金額は決まっています。

  • 世帯の場合:1世帯につき100万円
  • 単身の場合:1人につき60万円

原則1回しか支給されません。

愛知県、けっこう奮発しています。

移住先から転出または1年以内に離職したら返金になるので注意

条件を満たして、愛知県に移住すれば移住支援金はもらえます。

ただし場合によっては、もらったお金を返さないといけないので注意してください。

  1. 移住支援金の申請した日から5年以内に移住先の市町村から転出した場合
  2. 移住支援金の申請した日から1年以内に離職した場合
  3. 移住支援金の申請日から1年以内に別の市町村の勤務地へ異動(転勤等)となった場合
    別表 [PDFファイル/37KB]の市町村のうち下線を付した市町に転入した方のみ

愛知県に移住してほしいから、支援金を出しています。

なので①②のように、移住先から転出したり就職先を辞めるのは返金の対象です。

また③が少しやっかいで、移住した市町村から別の市町村に異動や転勤があった場合も返金になる可能性もあるので注意してください。

移住支援金をもらえる対象者

移住支援金をもらうには、主に4つです。

  • これまでどこに住んでてどこに勤務していたか?
  • 愛知県のどこに移住するのか?
  • 世帯は条件に合うか?
  • 就職・起業の条件に合うか?

それぞれ当てはまるか確認しましょう。

移住元の条件(これまでどこに住んでてどこに勤務してたか)

住民票を移す直前に、連続して5年以上、東京23区に在住していた方は対象者です。

また23区以外にも、東京圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)のうちの条件不利地域以外も対象になります。

東京圏から連続して5年以上、東京23区へ通勤していた方も対象者です。

ただし細かい条件があるので愛知県移住支援事業のサイトでご確認ください。

ちなみに東京圏の条件不利地域は以下になります。

移住金がもらえない地域
東京都:檜原村、奥多摩町、大島町、利島村、新島村、神津島村、三宅村、御蔵島村、八丈町、青ケ島村、小笠原村

埼玉県:秩父市、飯能市、本庄市、ときがわ町、横瀬町、皆野町、小鹿野町、東秩父村、神川町

千葉県:館山市、勝浦市、鴨川市、富津市、いすみ市、南房総市、東庄町、長南町、大多喜町、御宿町、鋸南町

神奈川県:山北町、真鶴町、清川村

移住先の条件(愛知県のどこに住むか)

次の3つすべてに当てはまる方が対象です。

  1. 対象の49市町村に移住している方。
  2. 移住支援金の申請日から5年以上、継続して居住する意思を有している方。
  3. 移住支援金の申請時において、転入後3か月以上1年以内の方

転入して1年以上たつと、支援金の申請ができなくなるので注意してください。

世帯の条件

申請者を含む2人以上の世帯員が移住元において、同一世帯に属していた。

申請者を含む2人以上の世帯員が申請時において、同一世帯に属している。

申請者を含む2人以上の世帯員がいずれも、平成31(2019)年4月1日以後に転入した。

申請者を含む2人以上の世帯員がいずれも、支給申請時において転入後3か月以上1年以内である。

就職・起業の条件

(ア) 勤務地(就業場所)が東京圏以外の地域又は東京圏内の条件不利地域に所在すること。ただし、別表 [PDFファイル/37KB]の市町村のうち下線を付した市町に転入した場合は勤務地(就業場所)も転入先の市町内に所在すること。

(イ) 転入日時点で満50歳以下であること。

(ウ) 就業先が、愛知県又はその他の都道府県が移住支援金の対象としてマッチングサイトに掲載している求人であること。

(エ) 就業者にとって3親等以内の親族が代表者、取締役などの経営を担う職務を務めている法人への就業でないこと。

(オ) 週20時間以上の無期雇用契約に基づいて(ウ)の求人に就業し、申請時において当該法人に連続して3か月以上在職していること。

(カ) 求人への応募日が、マッチングサイトに(ウ)の求人が移住支援金の対象として掲載された日以降であること。

(キ) 当該法人に、移住支給金の申請日から5年以上、継続して勤務する意思を有していること。

(ク) 転勤、出向、出張、研修等による勤務地の変更ではなく、新規の雇用であること。

(ケ) 愛知県が別に実施する「あいちスタートアップ創業支援事業」における「起業支援金」の交付決定を受けていること。

移住支援金をもらうための条件は多いが意外とチャンスはある

東京23区や東京圏から愛知県に移住すれば、最大100万円もらえます。

住む場所や就職先などの条件はいろいろありましたが、

移住元(これまでどこに住んでいたか)・世帯の条件さえクリアしていれば、チャンスはあります。

移住先就職先対象のものを選ぶだけですから。

なので、意外と支援金の100万円をもらえちゃうかもしれません。

移住先には名古屋市も対象になっているので、ぜひ検討してみてください。

名古屋は東京ほど名所やお店はないですが、暮らすには十分な数の商業施設があります。

京都や大阪にも日帰りで行ける点も魅力的です。

土地や家賃は安く、通勤時の混雑差は東京と比べるとマシな方ですよ。

 

名古屋に住むならどのエリアがオススメかまとめました。

名古屋に転勤一人暮らし!住むならどこ?おすすめ人気エリアを地元民が解説

部屋でPCを見てくつろぐ 名古屋に転勤一人暮らし!住むならどこ?おすすめ人気エリアを地元民が解説

名古屋に家族と住むならどこがオススメ?25年住む地元民が穴場を解説

山崎川の桜 名古屋に家族と住むならどこがオススメ?25年住む地元民が穴場を解説

【2019】名古屋の住みたい街ランキングって本当に住みやすい?地元民が辛口評価

名古屋栄 【2019】名古屋の住みたい街ランキングって本当に住みやすい?地元民が辛口評価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です